特上煎茶 鹿児島茶 知覧

w402

¥1,000 税別

比較する

説明

全国二位の生産量を誇る鹿児島の深蒸し茶はいかがでしょうか?

同じ茶樹から作られ茶工場での製造方法も同じですが、深蒸し茶は工場での生葉を蒸す時間が異なります。

普通煎茶に比べ、生葉の蒸し時間を2~3倍長くして製造したのが深蒸し茶です。

その為、仕上がったお茶の形が細かく、渋みが抑えられ濃厚な味わいが特徴です。

220_F_85749762_CAJzO9Y4dYpP3IeJ24TP1THqgfSkXKvZ220_F_70480592_xzooSJGbdh1kj2ZPrx7uaP0KK4ic6oxu鹿児島県のお茶の生産量は、静岡県に次いで全国2位です。

温暖な気候に恵まれ、日本一早い『早出し新茶』を生産しています。

品種が多様なことも特徴で、紅茶系の渋い味の物、玉露系の甘い物などがあります。

なぜ鹿児島がこれほどの生産量を誇っているのか。

「鹿児島のお茶ってそんなに有名だっけ?」と疑問に思う人も少なくないでしょう。

実はこの鹿児島のお茶は静岡茶でもあるのです。

パッケージ内包量の半分以上が静岡産であれば「静岡茶ブレンド」という表記が許され、残りの半分は違う産地の茶葉を使っても静岡産を名乗っていいことになっています。

そしてブレンドされる産地として、育てられてきたのが鹿児島茶というわけなのです。

栽培される品種はブレンド用として様々な要求に応えるために多くの品種が栽培されています。

鹿児島は気候も暖かく、茶葉が採れる時期も早いのです。

特に種子島では3月後半から収穫が可能で、日本で最も早く出回る「新茶」として知られています。

 

追加情報

重さ 100 g

レビュー

レビューはまだありません。

“特上煎茶 鹿児島茶 知覧” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

商品コード: w402 商品カテゴリー: , 商品タグ:

©2014 - 2019 hiradomidori.com  All rights reserved

Log in with your credentials

Forgot your details?